2014年04月20日

避難道延長作業

昨年4月に設置した歌津の避難道。
東日本大震災の時に、この丘に多くの方が避難された場所です。
当時はロープが垂らしてあるだけでしたが、お年寄りやお子さんもより安全に迅速に避難できるようにと避難道が設置されたのでした。

(前回の設置の様子→http://minami-sanriku.sblo.jp/article/71118736.html

今回、この避難道の延長作業を行いました。
まだ途中までですが、今後も引き続き作業を行います。

20140420.jpg

20140420_2.jpg

20140420_3.jpg

posted by お手伝いプロジェクト at 00:00| 避難道建設&防災支援

2013年08月14日

歌津馬場の避難道の草刈をしました。

南三陸町歌津馬場の避難道の草刈をしました。

草刈り等の作業は基本的に地元の皆様にお願いしてありますが、8月初旬の梅雨明け以降、あまりにも伸びるのが早かったので、お手伝いしてきました。

草刈後は、除草剤もまきました。

578384_501223143292548_797754626_n.jpg
posted by お手伝いプロジェクト at 18:49| 避難道建設&防災支援

2013年07月20日

避難道ペイントしました。

歌津馬場に設置した避難道をペイントしました。

1004815_489399114474951_2106515357_n.jpg
posted by お手伝いプロジェクト at 00:00| 避難道建設&防災支援

2013年04月24日

歌津に避難道を設置しました

2月より製作していた避難道が完成しました。

歌津にある大勝水産の裏の丘への避難道です。
大勝水産がある浜も、2年前の津波の被害に遭われており、その時もこの丘へ近所の皆さんや社員の皆さんが避難されたそうです。
丘へはロープが垂らしてあり、それを伝って登るようになっていましたが、それでは小さなお子さんやご年配の方には避難が難しく、より安全に速やかに避難するためにこの避難道は作られることになりました。
この避難道ができたことで、近隣の皆さんの「不安」を少しでも解消できたら、と大勝水産の社長さんは話されていました。
いざというとき、どこへどのように避難するのかを考えておくことの大切さ、防災の大切さを訴えられていました。

今回の避難道設置の費用は、サンドバッグプロジェクトでサンドバッグを縫って下さっていた北九州市の皆さんが、イベントでわかめや乾物などを売って、売上を寄付して下さいました。
大城さんたちがイベントで販売されたわかめは、大勝水産さんから無償で提供して頂いたもので、売上は全額が避難道製作の費用となります。

今後も、現地から設置の希望などがあれば、南三陸お手伝いプロジェクトで設置を検討していく予定です。

20130424.jpg
posted by お手伝いプロジェクト at 00:00| 避難道建設&防災支援